2016年07月03日

志望校の国語と相性が悪かったら?

中学受験の国語の入試問題の傾向も学校ごとにそれぞれ特色があります。

志望校の国語に、記述が多く出題されるのでどうしようと思っている方や、文章量、問題量ともに、ボリュームがある中学を志望しているのに、普段の塾のテストでいつも時間が足りなくなってしまうので大丈夫だろうかと心配されている方もいると思います。

入試までに合格点前後まで取れるようになるか、とても心配だと思います。

国語の出題傾向の差は、本当に大きいです。
出題傾向に合わない時に、どうするのがベストなのでしょうか?

たとえば、現時点で、記述を出題する志望校の形式に合わなくても、志望校に入りたい気持ちが強く、自分の弱点を克服しようという気持ちがあれば、出題傾向の不利を克服して、最終的に、合格点を取ることも可能です。
あるいは、他の教科でカバーできるくらいになります。
そういう生徒さんを大勢見てきました。

逆に、スピードを要求される志望校を受験して、じっくり型の生徒さんが本番の入試で、最後まで解き切れなかったということもあります。
そういう生徒さんもやはりいました。

ですから、正解のないテーマですし、ご家庭の方針によっても大きく変わってくるところもあると思います。

私個人の意見としては、

現時点で志望校の入試問題と相性が悪い、といった時に、その志望校を受験するかしないか、を判断する材料として、その志望校を受験しなかったら、中学に入学した後もずっと後悔するかもしれない、というのであれば、その中学を目指した方が良いと思います。
記述、物語の気持ちの読み取り、まぎらわしい記号問題、など、克服できないまま入試を迎えるかもしれませんが、まずは、やれるだけのことはやることが大切です。

また、第一志望校には合格したいけれど、志望校を優先しすぎて、けっこう気に入っている第二志望校に入れなくなってしまい、第三、第四志望校になってしまうのはいやだ(=〇〇中学以上の学校に入りたいという気持ちが前面に出れば)、というのであれば、第一志望校を外すのもありだと思います。
特に、複数回受験できる学校の場合、1回目を外して、2回目を受験する、といった選択肢もあります。

というものです。

さて、ここからは、第一志望校にこだわりたい場合の話になります。

志望校の傾向が合わないけれど、第一志望校目指してがんばりたい、というのであれば、大事になってくるのは、やるだけのことをきちんとやった上で入試に臨む、ということです。

記述が苦手だからといって、とりあえず書くけれど、点数が伸びないというのではやるだけのことをやったとは言えません。
正しい学習をする必要があります。
たとえば、要約型の記述の採点基準が、前回のテストでは、4つのうち1つしか入っていなかった、今回のテストは、5つのうち2つ入っていた、足りなかった3つの要素は、具体例の後ろに書かれていた、といった具合に、次につながる学習をすることが大切です。

あるいは、スピードのない受験生が、文章量が長い中学を受験するのであったら、復習する時に、2回音読をして、1回目と2回目で、タイムをどれだけ縮められたのか毎回計ってみる、などです(秋になると、もう時間が取れないかもしれませんが)。
または、基本的には、ていねいに解いていて、最後の10分間はラストスパートをかける、といった方法もあります。
スピードを追い過ぎると、正答率が下がるという危険があるので、この方法は、スピードのない生徒さんには有効です。
スピードをつけろ、としか言わない講師は、信用できない場合があります。
国語で一番大切な、正確に解くという部分が崩れてしまう恐れがあるからです。

いずれにせよ、受験生本人が正しい方法で、弱点を克服する努力をすることが大切です。
志望校の国語に合わない、と言う前に、まずは、正しい学習を行いましょう。

そのためには、信頼できる国語の講師にアドバイスをもらうのが無難です。
その時に、保護者様が聞いて、具体的なアドバイスなら、効果がある可能性が高いです。
漠然としたアドバイス(音読をしよう、意味調べをしよう、記述をもう1度書いてみよう、など)しかしてもらえなかったら、効果が薄いかもしれません。

志望校の国語に合わない時に、やみくもに志望校を目指すべきではありません。
必ず受験生本人の問題点を修正して、入試に臨む必要があります。


にほんブログ村ランキングに登録しています。ブログを読まれて、山下国語教室に興味を持たれた方は下のボタンを押して下さるようお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
posted by 山下国語教室 at 22:19| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

夏に個別指導、家庭教師を検討している場合

夏の間に、苦手科目を強化したいと考えているご家庭は多いと思います。

自学自習や、お通いの塾の講師が勧めるプリントなどをやる場合など、さまざまだと思います。
個別指導、家庭教師を検討している方もいると思います。

個別指導、家庭教師を利用したのに、こんなはずではなかった、ということのないように、良い個別指導講師、家庭教師の見極め方について、思いつくことをいくつか書いていきたいと思います。

まずは、良い個別指導講師、家庭教師の簡単な見極め方です。

大前提として、授業料が高いからといって、優秀な講師、家庭教師だとは限らないということがあります。

個別指導塾や家庭教師センターなどで、優秀な講師、家庭教師もいれば、そうでない場合もあるのは、集団指導塾と同じです。
また、優秀な講師、家庭教師ほど、独立している場合も多いかもしれません(協調性がなく、組織に向かない人も、結構いるとは思いますが)。

それから、1対2を採用している個別指導塾について。
1対2では、1人の生徒さんを指導している時は、もう1人の生徒さんは自習状態です。
90分の授業時間があったとしても、実質45分授業くらいの効果になるのではないでしょうか?
なかには、講師1人で、2人の生徒さんを器用に教えられる方もいるのかもしれませんが……。
国語は厳しそうです。
1対2を採用している個別指導塾は、授業料の面ではお得なので、学習効果とてんびんにかけて、利用するかどうかを検討すると良いと思います。

見極め方中級編も書いていきます。

ここから、国語の話が増えてきます。

志望校の国語の入試問題の対策をどのように指導するのか、具体的に説明してもらう、というものです。
「記述が多く、気持ちの読み取りが重要です」などのような、表面的な説明では、あまり判断できないと思います。
ですから、「志望校の過去問の類題はありますか?」のように一歩踏み込んで質問すると、効果的です。

たとえば、
聖光の記号だったら、タイプは違うけれど、記号のパターンを練習できる海城、
駒東のような物語1問、記述多めだったら、関西の洛星の問題(古めの問題に良問が多い)なども利用できる、などのように、スパッと説明できたら、文句なしです。
これらは、私が志望校の過去問以外で補強する時に利用するものですが。
あるいは、詩が出題されるので、練習したいといったら、都市大附属、共立、青学などの学校名がすぐに出てくる、といった感じです。

最後に、上級の見極め方です。

これは、時々、ブログでも見かけるネタなので、その見極め方に、国語を教えている者として、具体的に書いてみたいと思います。

入試問題を解いてもらう、という方法です。

国語の場合は、入試問題を解いてもらうだけでは、不十分なので、さらに、教え方のポイントをチェックするという方法です。

一言で言うと、その場限りの解説(単なる文章内容の説明にとどまる)なのか、それとも、全ての問題に共通する解き方(パターン化した方法論を持っているかどうか)で教えているか、を見極める方法です。

あくまでも、一例ですが、実際の入試問題をご紹介します。

記述の学校を志望していて、記述中心の指導を希望される場合、保護者の方でも個別指導の講師、家庭教師の力量を見分けやすいのが、神奈川の人気校洗足の問題です。

もっと具体的に書きます。
たとえば、平成26年三次の2番を解いてもらい、解説をしてもらいます。
記述の「型」は、「複雑な気持ちの記述」です。
「ごめん→申し訳ない」「ありがとう→感謝」という気持ち言葉をパターン化できるのが第一段階。
第二段階として、「決意」という気持ち言葉の使い方を説明できるかどうか、になります。
「決意」「感謝」「感動」「(親の)愛情」などは、動作や表情などの根拠がなくても(もちろん、根拠がある場合も多いですが)、物語の場面として、ぴったりであれば、積極的に使うことができる「気持ち言葉」です。
この辺りのことまで、指導できる講師、家庭教師であれば、学習効果は高いと思います。

個別指導の講師、家庭教師を利用する場合には、見極めには、とことんこだわってほしいと思います。


にほんブログ村ランキングに登録しています。このブログを読んで、山下国語教室に興味を持たれた方は、下のボタンを押して下さるよう、お願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
posted by 山下国語教室 at 21:57| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

5年生の月ごとのテストを有効活用するために

組み分け、マンスリーなど、どの塾でも、月ごとの到達度を確認するテストがあると思います。
学習した内容を復習をする良いきっかけになりますし、弱点分野の発見にもつながります。

5年生の今のうちに、国語のテストを活用できるようにしていきましょう。

前回の6年生向けのブログと同じく、テストのうち、説明、論説文の活用の仕方を書いていきます。
特に、ご家庭で学習しやすく、効果がある内容に話をしぼって書いていきます。
大手の3つの塾の話にしたかったのですが、たまたま私の教室に通っている5年生の日能研の生徒さんがいないため、サピックス、四谷の話が中心になってしまいますが。

月ごとのテストの説明、論説文で、最初にチェックしてほしいのは、接続語の問題が正解できているかどうかです。
接続語は、「ところで(転換)」なら「話題を変える」といったように、働きがきちんと理解できているかどうか、また、カッコの前後の内容を考えて解いているかどうか、を子どもに口頭で確認してみると良いと思います。
「『だから』は順接で、前に、方言は地域特有の言葉と書いてあって、後に、えーっと、あれ?」となってしまうようでは、まだ感覚で解いています。
たどたどしくてもかまいませんので、接続語の働きについて、また、カッコの前後のどことどこをつないでいるのか、の2つを説明できているかどうかを保護者の方が確認すると、効果的な学習になります。

接続語をまちがっている子どもの場合、説明、論説文ができないのではなく、きちんと学習していない、というケースが多いです。
ただし、接続語の働きを理解していても文章レベルが高く、使いこなせない場合もありますが(実際には、月ごとのテストは塾の生徒全員が同じ問題で受験するので、ほどよいレベルになっており、そのようなことはあまりなく、復習に最適です)。

接続語できちんと考えずに、まちがえている場合ですが、4年生のテキスト、テストが有効活用できます。
まずは、順接、逆接、並列、添加、言い換え、などといった用語の働きを確認することです。
どのテキストにも載っていると思います。
四谷系の塾でしたら、予習シリーズ、演習問題集の接続語の問題を、サピックスならマンスリーなどの各種テストの接続語の問題を利用することです。
4年生用の問題なので、基本を定着させるのにぴったりです。
実際に使用する時には、接続語を記号で選ぶのではなく、カッコに当てはまる接続語を「順接」「転換」など、用語で答える練習をします。
記号の問題だと何となく選んでしまいがちですが、用語で答えさせると、カッコの前後の内容から自分で考えるしかない状況になり、きちんと考えて解くようになります。
1学年下の文章なので、解きやすく、接続語の働きを理解しやすいのも力をつける上で、プラスになります。

接続語の学習から、きちんと考えて解く国語の学習ができるようになることが多いので、ぜひ取り組んでほしいと思います。

次に、選択肢の問題の正答率が低い場合ですが、この場合は、文章の理解度にも関わってくるので、すぐに状況が改善するわけではありません。
テストごとに根気強く復習することで、徐々に正答率を上げていくことが大切です。
まず、大前提として、本文にこまめに戻ることです。
選択肢の選び方が適当になってしまう子どもの場合、選択肢で正解っぽく見えるものを選びがちです。
当然、そういった選択肢は、ひっかけ問題の可能性が高いわけです。
ですから、まずは文中の根拠となる部分を踏まえてから、選択肢を吟味する必要があります。
文章を1回読んだだけで、すみずみまで理解できるほど、中学受験の国語の文章は簡単ではないからです。

その時に、わざと文中の言葉が使われていて、正解に見えるけれど、一部分にウソの内容が含まれているためにバツになる、というパターンがよく出てきます。
いわゆる「文中の言葉を使ったひっかけ」問題です。
こういった部分を見抜くためには、文章内容の正確な理解が前提になりますが、それに加えて、本文を「言い換え」て、正解の選択肢が作られているという発想も必要です。
5年生用の教材で、本文を「言い換え」た選択肢の見極め方の練習ができるのがサピックスの「国語の要」だと思います。
かなりしつこく登場します。
サピックスの生徒さんは、普段、記述中心の学習をしていますので、「国語の要」を利用して、選択肢の問題も徐々に強化していくと良いと思います(夏の課題になると思いますが)。
四谷系の場合は、組分け、週テストにちらほら混じっている(たまに登場する程度です)ので、重点的に確認すると良いと思います。
このあたりは、保護者の方自身がテストやテキストを実際に解いてみることで、「言い換え」の選択肢だと見極められるようになれると子どもにワンポイントアドバイスができると思います。

同様に、文中に書かれていない内容の選択肢を見極めることも大切です。
文章の内容とまちがっているものは比較的見分けやすいです(簡単だという意味ではないです)。
ところが、文章内容から読み取れない内容がさりげなく、混ざっている時は、本当にひっかりやすいです。
きっと盲点になってしまうのだと思います。
私の国語教室では、「ウソ」「ナシ」で見分けるように指導しています。
ちなみに、今までで一番ひっかかりやすかった「ナシ」の選択肢は、登場人物の心の成長がテーマの文章で、「心も体も成長した」という問題(いくつかの中学で出題されています)でした。
「体が成長した」とはどこにも書いてないのに、見事にひっかかります。

こういった問題を正解するためには、定番ですが、「、」の位置で、選択肢を部分分けして、細かくチェックすることです。

それ以外に、選択肢の解き方のパターンがいくつもありますが、まずは、上記の「言い換え」「ナシ」の2点を重点的に心がけることから始めるのが無難だと思います。
あれこれ教え過ぎるよりも、まずは、土台をしっかりと固めることが最優先です。
基礎が固まった後に、正しい方法論を徐々に積み上げていくことで、国語力を高めていくことができます。

続いて、抜き出し問題ですが、これにもいくつかの解き方のパターンがあります。
ご家庭でフォローする場合には、2つのポイントがあります。

1つ目は、どのあたりから抜き出しをさがすのか、範囲をしぼる練習です。
抜き出しが苦手な生徒さんに限って、目についたところをいきなり数え始めることが多いです。
保護者の方がフォローする時には、あらかじめ解いて、または、模範解答を見て、どの辺りに解答があるのかを確認しておきます。
そして、お子様にヒントを与えつつ(たとえば、キーワードの同内容が繰り返されているところや具体例の後など)、どの辺りをさがせば、解答が見つかりやすいのかを誘導してあげることです。
目的は、やみくもにさがそうとしているお子様に、質問文やぼう線の前後の表現、文章の構成などをもとに、答えを見つけるための手がかりが必ずあると実感してもらうことです。
抜き出しは、授業中に解説を聞いて、解き方がわかっても、自分で見つけ出した経験を積まないと、なかなかテスト中に正解を見つけ出すことができません。
作業力をつけるためには、小さい成功体験を積んでいくことがとても大切です。
抜き出しで苦戦している子どもの場合、作業力をつけるには、ご家庭で保護者の方が手伝うのが一番です。

2つ目は、抜き出す解答の部分がぴたりと終わるかどうかです。
少し長めの抜き出しになると、抜き出した部分に主語が入っているのに、それに対応する述語が抜けていたりするなど、不自然な形の抜き出しをすることがあります。
質問文などから、どの言葉で終わらせたら、抜き出しの解答にふさわしいか、ということをあまり意識していないことが原因です。
その場合には、解答をさがす範囲はしぼれているので、まちがえた答えより少し前から数えなおさせる、あるいは、少し後から数えなおさせる、など、言葉のまとまりとしてピタリと決まるように抜き出す経験を積ませることです。

読む範囲をしぼる練習、見つけた解答を字数に合わせる練習は、保護者の方が協力することで、ご家庭でも可能です。

記述については触れませんでしたが、以上、月ごとのテストのご家庭でできる範囲での有効活用について書いてみました。

国語は、解き方があいまいで家では教えられないという前に、親子でじっくりと取り組んでみるのも良いかもしれません。


にほんブログ村に登録しています。
ブログを読んで、山下国語教室に興味を持たれた方は下のボタンを押して下さるようお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
posted by 山下国語教室 at 22:31| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。